夏を描こう

Labリーダー 永沢碧衣(作家)

開催日:2019年8月17日(土)10:00〜12:00

会 場:秋田公立美術大学サテライトセンター

夏の思い出をもとに開催した“感覚の体操”のようなワークショップ。参加者同士で今夏の思い出を語り合って、メモしたり、絵を描いたりした後、キャンバスに向き合いました。「この色だけは使いたい!」という1色を使うことで描きはじめ、それぞれの記憶の中の夏の色、夏の時間のイメージを浮かび上がらせました。

永沢碧衣

1994年横手市(旧山内村)生まれ。秋田公立美術大学アーツ&ルーツ専攻卒業。2014年個展「sky.blue永沢碧衣作品展」、17年個展「生の痕跡」、18年秋田公立美術大学卒業制作展にて《淵源回帰》が学長賞受賞。卒業後、地元の水産市場に1年就職。退社後、東京・秋田の2拠点で生活するほか「食」や「自然」と向き合う旅を続ける。

撮影:石丸敬将

撮影:石丸敬将

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
header_logo_01.png

こどもアートLabは、秋田公立美術大学とNPO法人アーツセンターあきたが開催する、こどもたちの自由な発想を引き出す創造のプラットフォームです。